BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
イベント情報    2007/11/15更新
東京古典会が企画したドキュメンタリー『DOCUMENTARY 和本 -WAHON-』のDVD発売のお知らせ

  日本の文化遺産であり、世界を代表する日本独自の文化である「和本」。
  文化遺産と言われると、小難しく敷居が高そうに感じられますが、学術的にも美術的にも価値の高い古典籍が扱われる一方、実は庶民的にも楽しめるものも数多くあるのがこの世界の魅力。
  この世界をより身近に、そして「見て」「聞いて」「わかり易く」楽しんでもらえるよう、東京古典会が約1年間に亘りハイビジョンにて撮影・制作した【和本を取り巻く人々のヒューマンドキュメンタリー】です。

タイトル:DOCUMENTARY 和本 -WAHON-

発売日:2007年12月20日発売予定

販売価格:¥2.940-(税込み)
■日本が誇るべき文化遺産.....それが「和本」です
  日本の文化遺産であり、世界を代表する日本独自の文化である「和本」。文化遺産と言われると、小難しく敷居が高そうに感じられますが、学術的にも美術的にも価値の高い古典籍が扱われる一方、実は庶民的にも楽しめるものも数多くあるのがこの世界の魅力。
  この世界をより身近に、そして「見て」「聞いて」「わかり易く」楽しんでもらえるよう、
東京古典会が全面協力。約1年間に亘りハイビジョンにて撮影・制作した【和本を取り巻く人々のヒューマンドキュメンタリー】です。


「和本」とそこに関わる「人々」の記録。 時代を超え「人」から「人」へ和本を伝えていく世界。
そこに携わる「人」と実際の書物に焦点をあて、和本の魅力に迫ります。


古書の市場で江戸時代の書籍がどのように取引されているのか
日本最大のオークション「古典籍展観大入札会」の世界そして裏側

和本を専門とする店主たちが語る「和本の世界」

平安時代写本「古今和歌集」の仕入れと値段
和本から時代の息吹を感じる・・・
和本との親しみ方そして取り扱い
私が出会った古典籍

作家“荒俣宏”が語る和本との出会いそしてその奥深さ

早稲田大学名誉教授“中野幸一”が語る和本の魅力

ミステリー作家の第一人者“江戸川乱歩”の書庫
そして彼が集めた和本のコレクションから見る“江戸川乱歩”誕生のルーツとは

もちろん秘蔵の書籍の数々も余すところなく魅せていきます

出典書籍候補
好色一代男 / 江戸名所図会 / 解体新書 / 成形図説 / 百萬塔陀羅尼 / 蝦夷草木譜 / 伴大納言絵巻 / 役者此手嘉志和 / 鯨志 ほか

ご覧になった方の感想
●専門知識のない私でも、とてもわかりやすく面白く見ることが出来ました。 (20代 女性)
●とてもわかり易かったです。和本について知る良いきっかけになりました。 (20代 男性)
●登場した人達の生き生きとした表情が魅力的な映像でした。 (20代 男性)
●和本というものが、こんなに面白そうなものだとは知らなかった。 (20代 女性)
●和本が面白くて美しい物だなと再確認できました。確かに日本の誇るべきところだと思います。 (30代 男性)
●ドキュメンタリーにありがちなインタビューのよそよそしさがなく、和本にとても興味がもてました。是非いろんな人に見てほしい。 (30代 女性)
●とても興味深く、繰り返し見たい内容でした。是非、海外へも! (30代 男性)
●和本に携わっている方々のいきいきとした眼の光、大切に思う気持ちが十二分に伝わります。 (30代 女性)
●古書に関わる方々の眼差しが印象的でした。 (30代 男性)
●和本の魅力はビジュアルにあるということは発見でした。 (40代 男性)
●ここに「日本」を見た気がします。この映像から和本の匂いが伝わってきました。 (40代 女性)
●新鮮に拝見しました。いいものが沢山あることに感動しました。 (50代 女性)
●大人の世界が生々とここにある事を感じられ、日本人もまだまだ捨てたもんじゃない、と思うことができました。 (50代 女性)
●目からウロコが落ちました。古いのに新しい、奥深くてワクワクする世界に圧倒されました。 (50代 男性)

YouTubeで、予告編をご覧いただけます。
DOCUMENTARY 和本 -WAHON-
発売元:629 Records
監督:三好大輔
プロデューサー:磨知 隆
企画・協力:東京古典会東京古典会
制作:629inc.

監督プロフィール

三好大輔

日本大学藝術学部卒業。映像制作会社セップに入社。
数々のミュージックビデオや音楽番組を手掛け、その後CMプロダクションに移籍。
現在はフリーのディレクターとしてドキュメンタリーを中心にCM、ミュージック、 ビデオ、音楽番組などで幅広く活躍中。
友人の癌の闘病生活を追ったドキュメンタリーがNHKで番組化され日本のみならず海外からも話題を集める。

《東京古典会とは》
古書籍業を営む店の集まりである東京都古書籍商業協同組合のなかで、古典籍をおもに扱っている業者がつくっている会で現在29店舗が加盟しており、約90年以上の歴史があります。古典籍の中でも一級品が集まる、年に一度の大入札会(古典籍展観大入札会)が毎年11月の中旬(今年度は11/16・17)に行われ、普段は同業者のみが参加できる市ですが、このときは一般のお客様も業者を通じて売買に参加していただけます。
FAX注文用紙★お買い求めは、ホームページ
http://www.629inc.jp/629records/
または、注文書(PDFファイル500MB)をダウンロードしてご注文ください。

※一部古書店及び新刊書店でもお取り扱いします。
お問い合わせ:629 Records
03-5765-2629
担当:北村
Copyright(C) Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟
神保町へのアクセス方法このサイトについて