BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
イベント情報    2017/08/30更新
千代田図書館×神田古書店連盟 『としょかんのこしょてん』
 2007年5月7日に区立千代田図書館がリニューアルオープンしました。これにともない9階の図書館の一角に出張古書店である『としょかんのこしょてん』が設けられました。
■古書店が常時出店-販売もします

「としょかんのこしょてん」は、神田古書店連盟の古書店が毎回違った切り口で古書を紹介する企画展です。購入ご希望の方は、担当書店に直接お電話ください(価格は変更の場合もあります)。店舗情報等については、レファレンスサービスカウンター又は コンシェルジュブースにてお問合せください。
また、本の街・じんぼうエリアまでは、図書館からひと歩き。本をお探しの際には、ぜひお立ち寄り下さい。

【現在出品中】
としょかんのこしょてん VOL.98 -KITAZAWA BOOKSTORE 北沢書店
展示期間 2018年8月27日(月)~10月8日(月)
更新:2018/08/30

出品リスト :  DISPLAY BOOKS ~新しい洋書の楽しみ方~

 19世紀前後、印刷技術が飛躍的に発展したことにより、イギリスを中心として絵本が大流行しました。『太陽の東・月の西』のカイ・ニールセン、『ピーターパン・イン・ケンジントン・ガーデンズ』や『不思議の国のアリス』のアーサー・ラッカムなど、挿絵の黄金時代と呼ばれた彼らの作品は、いまもなお私たちの心を惹きつけます。美しい挿絵はもちろん、当時の人々の本に対しての敬意を感じる装丁やデザインを見れば、洋書の世界を覗かずにはいられなくなるはずです。読むだけには捉われず、様々な視点から本を楽しむ、ちょっぴり新しい形の展示会です。

洋古書専門店 KITAZAWA BOOKSTORE 北沢書店(明治35年創業 英米文学・東洋関係をメインとした学術書や研究書を取り扱う。《本を通して新しい世界を提供する》を理念とし、美しい装丁や挿絵の本など、装飾として楽しむ“DISPLAY BOOKS”を始めるなど新しい本の楽しみ方も積極的に提案している。)
営業時間 11:00~18:30(土 12:00~17:30)/ 日・祝日定休
【終了】
としょかんのこしょてん VOL.97 -山吹書房
展示期間 2018年7月4日(水)~8月25日(土)
更新:2018/07/09

出品リスト :  明治150年 小説で読む、幕末・明治を生きた人々

 開国か攘夷か、佐幕か倒幕か、破綻寸前の藩の財政再建や藩政改革…。問題が山積し混沌とした幕末・明治の時代は、個性あふれる人物を多く生み出しました。日本が大きく揺れ動く中、散る者、生き残る者、時代に取り残される者、時代を切り開く者、様々な人の人生が、後の歴史へと繋がってゆくのです。
 そんな時代を生きた彼らの人生に、ちょこっと手軽に小説で触れてみるのはいかがでしょうか。

山吹書房(郷土史、歴史・時代小説)
営業時間 11:00~18:00 / 日・祝曜定休

【出品リスト】



ス.
書名 著者 出版元 / 刊行年
1 1 幸運な志士 若き日の元勲たち 三好徹 徳間書店 / 平成4
2 士魂商才 五代友厚 佐江衆一 新人物往来社 / 平成16
3 奈良原喜左衛門の生涯 郷原建樹 青樹社 / 昭和54
4 薩摩燃ゆ (調所広郷) 安部龍太郎 小学館 / 平成16
2 5 花神 (大村益次郎) 司馬遼太郎 新潮社 / 昭和47
6 板垣退助 自由民権の夢と敗北 榛葉英治 新潮社 / 昭和63
7 火城 (佐野常民) 高橋克彦 PHP研究所 / 平成4
3 8 最後の将軍 徳川慶喜 司馬遼太郎 文藝春秋 / 昭和42
9 幕臣列伝  綱淵謙錠 中央公論社 / 昭和56
10 斬刑 (小栗上野介) 中津文彦 徳間書店 / 平成7
11 立身出世 官僚川路聖謨の生涯 佐藤雅美 文藝春秋 / 平成9
4 12 遊撃隊始末 (人見勝太郎・伊庭八郎・林忠崇) 中村彰彦 文藝春秋 / 平成5
13 新選組斬人剣 小説・土方歳三 早乙女貢 講談社 / 平成5
14 新選組藤堂平助 秋山香乃 文芸社 / 平成15
15 葉菊の露 上・下 (郡上藩凌霜隊) 澤田ふじ子 中央公論社 / 昭和59
5 16 獅子の棲む国 (山川大蔵) 秋山香乃 文芸社 / 平成14
17 斗南藩子弟記 会津落城以後 永岡慶之助 新人物往来社 / 昭和48
18 からす組 (仙台藩細谷十太夫) 早乙女貢 講談社 / 平成元
19 小説 河井継之助 童門冬二 東洋経済新報社 / 平成6
6 20 幕末巨龍伝 (北畠道龍) 津本陽 新潮社 / 昭和59
21 暁の群像 (岩崎弥太郎) 南條範夫 報知新聞社 / 昭和45
22 麒麟 橋本左内伝 岳真也 角川書店 / 平成9
23 間宮林蔵 吉村昭 講談社 / 昭和57
7 24 ジョン万次郎漂流記 井伏鱒二 文学界社 / 昭和22
25 異人館 (グラバー) 白石一郎 朝日新聞社 / 平成9
26 オランダおいね (シーボルト娘・稲) 横光晃 日新報道 / 昭和45
27 長英逃亡 吉村昭 毎日新聞社 / 昭和59
8 28 幾松という女 南條範夫 新潮社 / 平成2
29 新撰組の女たち 童門冬二 朝日新聞社 / 昭和57
30 奸婦にあらず (村山たか) 諸田玲子 日本経済新聞社 / 平成18
31 天翔ける女 (大浦慶) 白石一郎 文藝春秋 / 昭和54
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.95 -誠心堂書店
展示期間 2018年3月14日(水)~5月8日(火)
更新:2018/03/18

出品リスト :  現代書の巨匠たち

 戦後の復興とともに人々の習字に対する関心が高く、書塾が大いに盛んになりました。その熱意に支えられて、書壇では 日展と毎日書道展という大きな公募展が開催されることと なるのです。その後「書」という一分野としての専門化、国際化が進むこととなり、時代の大きな変革とともにさまざまな 作品が生み出されていきました。
 今回は、そんな激動の時代の書壇をささえた書家・篆刻(てんこく)家の巨匠たちの作品をご紹介いたします。

誠心堂書店(和本・書道)
営業時間:10:00~18:00 / 日曜・祝日定休

【出品リスト】

ケースNo.   作家名 作品名  
ケース1 1 西川寧(にしかわやすし) 書簡 1通
2 松本芳翠(まつもとほうすい) 行書春夜宴桃李園序 1帖
ケース2 3 赤羽雲庭(あかばうんてい) 臨集字聖教序 1帖
ケース3 4 上田桑鳩(うえだそうきゅう) 1枚
5 辻本史邑(つじもとしゆう) 戯墨 1帖
ケース4 6 日比野五鳳(ひびのごほう) 書簡 1通
7 稲村雲洞(いなむらうんどう) 1枚
ケース5 8 山田正平(やまだしょうへい) 書簡 1通
9 保多孝三(やすだこうぞう) 篆書七言 1枚
ケース6 10 鈴木翠軒(すずきすいけん) 書簡 1通
11 松井如流(まついじょりゅう) 臨曹全碑 1帖
ケース7 12 比田井南谷(ひだいなんこく) 1枚
13 青山杉雨(あおやまさんう) 草書唐詩選 1帖
ケース8 14 石井雙石(いしいそうせき) 篆書春可楽 1枚
15 今井凌雪(いまいりょうせつ) 臨王鐸報寇葵衷書 1帖
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.94 -波多野書店
展示期間 2018年1月17日(水)~3月3日(土)
更新:2018/01/18

出品リスト :  本好きナビゲーターが古書店でみつけた「日本と海外の交流」の本

 今回は、日比谷図書文化館特別研究室のナビゲーター2人が、波多野書店の店頭から、面白そうな本を選んだ特別企画です。
 戦国時代から近現代までの日本と海外の交流史をテーマに、知る人ぞ知る専門書や眺めて楽しい展覧会図録を選びました。
 ジャーナリズム関連のイメージが強い波多野書店ですが、このように幅広いジャンルを揃えていますので、あなたもぜひ足を運んでみてください。

この展示の担当ナビゲーター : 鈴木一郎さん【S】・臼井良雄さん【U】

第152回特別研究室モーニングセミナー
としょかんのこしょてん vol.94波多野書店 選書報告会
~千代田図書館×神田古書店連盟連携企画に参加して~

 また、関連イベントとして、選書担当ナビゲーターによる 「としょかんのこしょてん選書報告会」を、日比谷図書文化館にて開催します。
イベントの詳細は、日比谷図書文化館ホームページ をご覧ください。
  日時:2018年2月8日(木)10:30~12:00 (10:00受付開始)
  場所:日比谷図書文化館4階 スタジオプラス(小ホール)
  定員:60名(事前申込、先着順)
  参加費:300円
  申込方法:日比谷図書文化館特別研究室で受付します。
   (1)電話:03-3502-3340
   (2)来館:4階特別研究室受付
   受付時間:平日10時~17時
  ※千代田図書館での申込みは承っておりません。

波多野書店(古書全般・文学・マスコミ・趣味)
営業時間:平日11:00~18:30/日曜定休

【出品リスト】

書名 著者・編者 出版元 刊行年 価格(税抜)
ケース1:キリシタン布教~鎖国へ
浦上切支丹史 浦川和三郎 著 全国書房 1943 2000
キリシタンの世紀 ザビエル渡日から「鎖国」まで 高瀬弘一郎 著 岩波書店 1993 800
鯨と捕鯨の文化史 森田勝昭 著 名古屋大学出版会 1994 2000
海の世界 1966年1月号
新春特集 日本の船と人間の歴史
松沢省吾 編 (財)日本海事広報協会 1966 購入済
論集幕藩体制史第一期支配体制と外交・貿易 第八巻 対外関係と鎖国 藤野保 編 雄山閣出版 1995 2000
ケース2:西洋がみた日本(江戸期)
ドイツ人の見た元禄時代 ケンペル展 ドイツ-日本研究所[ほか] 編 ドイツ-日本研究所 1990 売約済み
開国150年記念展 西洋が伝えた日本 日本が描いた異国   印刷博物館 2004 売約済み
ケース3:西洋がみた日本(明治期)
モースの見た日本 小西四郎 著 小学館 2005 2000
明治日本を生きたフランス人画家 ジョルジュ・ビゴー展 エレーヌ・コルヌヴァン 監修 美術館連絡協議会 1987 800
ケース4:明治日本の群像
勝海舟 上下巻 勝部真長 PHP研究所 1994 購入済
忘れられた明治史 全5冊 木村毅 著 明治文献 1973 売約済み
田中正造を追う その“生”と周辺 日向康 著 岩波書店 2003 2000
ケース5:日露戦争
バートン・ホームズ写真集 カラー・ドキュメント日露戦争   読売新聞社 1974 売約済み
クラウゼウィッツ『戦争論』解説 大橋武夫 著 日本工業新聞社 1982 3000
ケース6:北への開拓・移住民
北海道開拓写真史 記録の原点   ニッコールクラブ 1980 1500
満州奉天日本人史 福田實 著 謙光社 1976 1500
ケース7:琉球人が描いた琉球民俗
宝玲叢刊第五集 琉球風俗絵図 ハワイ大学宝玲叢刊編纂委員会 監修、上江洲均 解説 本邦書籍 1982 1500
ケース8:戦後日本の形成
共同研究 日本占領 思想の科学研究会 編 徳間書店 1972 1000
東京都の歴史 竹内誠[ほか] 著 山川出版社 1997 600
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.93 -明倫館書店
展示期間 2017年11月15日(水)~2018年1月16日(火)
更新:2017/11/17

出品リスト :  茶室の起こし絵図~江戸時代の大工が使った立体図面~

 江戸時代の大工職人は花形職業の一つで、その水準の高さは みなさんご存知の通りです。いっぽう明治期以前の日本人は、遠近法の処理が未熟で、平面である大工雛形の図版をみると 少し違和感があるのも事実です。
 起こし絵図は建築模型かつ立体の建築図面です。この絵図が茶室に多い理由は、施主である茶匠が遠近法の未熟な平面の 建築図面を見ても理解できず、大工が説明するために立体に して見せる必要があったと考えられます。
 今回は、千利休や今井宗久といった茶人が考案した、茶室 (数寄屋)の起こし絵図を組み立てて展示するとともに、平面図(大工雛型)、北斎・二代目広重による江戸時代の町や村を描いた浮世絵をあわせて紹介いたします。

明倫館書店(理工学書専門)
営業時間:月~土 10:30~18:30、祝日11:30~18:00/ 日曜定休

【出品リスト】

ケースNo. 資料名
1 数寄屋起こし絵図より 利休 四畳半
2 数寄屋起こし絵図より 宗旦 今日庵
3 数寄屋起こし絵図より 不白 一畳半
4 数寄屋起こし絵図より 原叟 腰掛待合
5 数寄屋起こし絵図より 今井宗久 二畳半
6 数寄屋起こし絵図より 尾形光琳 三畳半
7 当世初心雛形 江戸後期(嘉永4年:1851年)の明治19年翻刻版
8 二代広重 名所江戸百景 赤坂桐畑雨中夕けい
北斎 富嶽三十六景 登戸浦 (複製)
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.92 -神田古書店連盟
展示期間 2017年10月27日(金)~11月14日(火)
更新:2017/10/30

出品リスト :  第58回神田古本まつり ゆかりの本

 毎年恒例の「東京名物神田古本まつり」は、本年で58回目を迎えます。10月27日(金)から11月5日(日)までの10日間、恒例の青空古本市、特選古書即売展のほか、各種イベントを開催します。
 今回の展示では、トークショー「倉田英之×三上延 神保町放談」と「お化け大学校特別講座」の出演者サイン本や関連本などのほか、神田古書店街の歴史を知る上で貴重な資料である『稿本神田古書籍商史』や、最新号までの歴代の神保町公式 ガイドも展示します。
 古本まつり期間中の神保町周辺では、神田スポーツ祭り、蔵書印まつり、神保町ブックフェスティバル、神田カレーグランプリ等、様々な催しが開催されます。読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋に、神保町を満喫してみてはいかがでしょうか。

神田古書店連盟

【出品リスト】
※今回は全て非売品です。ただし「神保町公式ガイドVol.8」は、現在無料配布中です。展示ケースの上でも配布します。

  書名 著者 出版元 刊行年
テーマ:「トークライブ 倉田英之×三上延」神保町放談PART4(10月29日開催)
  『読書狂の冒険は終わらない!』 三上延
倉田英之
集英社 2014年
ビブリア古書堂の事件手帖1,2,6巻 三上延 アスキー・メディアワークス  
『R.O.D READ OR DIE YOMIKO
READMAN "THE PAPER"』1,5,10,12巻
倉田英之 集英社  
『R.O.D -THE TV-』第3話台本    
テーマ:お化け大学校特別講座in神保町(11月5日開催)
 

お化け大学校公式テイスト『怪』第参号、
京極夏彦氏サイン本

  角川書店  
『怪』第31,33,34,35,44,45,46,49号   角川書店  
テーマ:「ウォーナーの謎のリスト」無料上映会(11月3・8日開催)
  映画パンフレット
『稿本 神田古書籍商史』続編から、映画と深いかかわりのあるエリセーフ氏とウォーナー氏について言及しているページ(コピー )
     
テーマ:神保町の今昔
  『稿本 神田古書籍商史』正編
( 昭和17年〜昭和39年)
神田古書籍商史続編編纂委員会 編纂 東京都古書籍商業協同組合 1964年
『稿本 神田古書籍商史』続編
(昭和39年〜昭和54年)
神田古書籍商史続編編纂委員会 編纂 東京都古書籍商業協同組合 1979年
神保町公式ガイド Vol.8(最新号)と
歴代のバックナンバー
  神田古書店連盟  
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.91 -神田古書店連盟
展示期間 2017年9月13日(水)~10月19日(木)
更新:2017/09/17

出品リスト :  神保町公式ガイドと古本まつり

 神保町公式ガイドは、2010年から毎年、神田古本まつりに あわせて刊行しています。毎号テーマを設けて特集を組み、 神保町のさまざまな魅力を紹介しているため、過去の号も読みごたえがあります。
 今年の神田古本まつり(第58回)は、10月27日(金)から11月5日(日)で開催します。それに合わせ、今回の展示では神田古書店連盟広報担当による、公式ガイド第1号(2010年発行)から第7号(2016年発行)までの、各号のオススメ特集ページや、神保町・古書店街についての本などを紹介します。
 なお、第8号は装いを新たにし、ハンディタイプで持ち運びやすくなり、10月中旬ごろから神保町中心の各所で無料配布します。どうぞご期待ください。

神田古書店連盟

【出品リスト】 


|
書名
著者
出版元
1 神保町公式ガイド Vol.1(2010年発行)   神田古書店連盟
2 神保町公式ガイド Vol.2(2011年発行)   神田古書店連盟
3 神保町公式ガイド Vol.3(2012年発行)   神田古書店連盟
東京の横丁 永井龍男 講談社
石板東京図絵 永井龍男 中央公論社
4 神保町公式ガイド Vol.4(2013年発行)   神田古書店連盟
5 神保町公式ガイド Vol.5(2014年発行)   神田古書店連盟
6 神保町公式ガイド Vol.6(2015年発行)   神田古書店連盟
7 神保町公式ガイド Vol.7(2016年発行)   神田古書店連盟
8 紙魚(しみ)の昔語り 昭和編 反町茂雄 八木書店
古本屋群雄伝 青木正美 筑摩書房
雑文集 古本と古本屋 三橋猛雄 日本古書通信社
古本屋の手帖 八木福次郎 東京堂出版
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。


千代田区立千代田図書館
東京都千代田区九段南1丁目2番1号 千代田区役所9・10階

開館時間/10:00~22:00  
休館日/第四日曜日
アクセス:
地下鉄九段下駅から徒歩約3分

千代田図書館のHP
VOL.91~最新

VOL.98 -KITAZAWA BOOKSTORE 北沢書店-
DISPLAY BOOKS ~新しい洋書の楽しみ方~

VOL.97 -山吹書房-
明治150年 小説で読む、幕末・明治を生きた人々

VOL.96 -日本古書通信社-
古書業界と明治

VOL.95 -誠心堂書店-
現代書の巨匠たち

VOL.94 -波多野書店-
本好きナビゲーターが古書店でみつけた「日本と海外の交流」の本

VOL.93 -明倫館書店-
茶室の起こし絵図~江戸時代の大工が使った立体図面~

VOL.92 -神田古書店連盟-
第58回神田古本まつり ゆかりの本

VOL.91 -神田古書店連盟-
神保町公式ガイドと古本まつり

バックナンバー VOL.81~VOL.90

VOL.90 -南海堂書店-
歴史をひもとき、未来へつなげる

VOL.89 -山吹書房-
本を片手に、お城めぐりはいかがですか?

VOL.88 -KOMIYAMA TOKYO by 小宮山書店-
‐ようこそ小宮山書店へ‐

VOL.87 -古書 あん珠-
☆大野隆司の仕事 ちょっとだけ☆

VOL.86 -@(アット)ワンダー-
日本映画黄金時代のスチル写真 ~巨匠たちの監督作品から~

VOL.85 -慶文堂書店-
ルーツを探る ―君の名は―

VOL.84 -奥野かるた店-
遊びと知識の宝庫 ~かるた~

VOL.83 -波多野書店-
古書全般・文学・マスコミ・趣味

VOL.82 -がらんどう-
人々の人生ドラマ ~評伝・ノンフィクション・語り~

VOL.81 -田村書店-
フランスの本はカッコイー ~貴重書からたどる文化~

バックナンバー VOL.71~ VOL.80

VOL.80 -夢野書店-
漫画の未来は 夢から癒しへ

VOL.79 -光和書房-
中国の古典籍と日中間の文化交流

VOL.78 -石田書房-
銀幕への誘い-『映画』をめぐる書籍と資料-

VOL.77 -神田古書店連盟-
「SFビブリオバトルin神田古本まつり」で紹介された本

VOL.76 -風月洞書店-
歴史のロマンあふれる古美術品とその考証資料

VOL.75 -カスミ書房-
若者向けライトノベル作家の自費出版本

VOL.74 -古書たなごころ-
探偵作家クラブ会報誌に見るミステリ作家とその時代

VOL.73 -六一書房-
考古学の図書

VOL.72 -うたたね文庫-
仏教和本・写本と仏教美術

VOL.71 -神田古書店連盟-
「ビブリオバトルin神田古本まつり」で紹介された本

バックナンバー VOL.61~70

VOL.70 -喇嘛舎-
父の娘 少女たち 森茉莉と矢川澄子

VOL.69 -古書いろどり-
同人誌と雑誌で眺めるSFとミステリ

VOL.68 -イタリア書房-
日本―ヨーロッパ交流の歴史資料

VOL.67 -書肆ひやね-
佐々木桔梗氏の仕事

VOL.66 -山猫屋-
古本に淫する―山猫屋が魅せられた古今東西の書物たち―

VOL.65 -羊頭書房-
1960年代以前の英米ペーパーバックのカバーアート~ミステリを中心に

VOL.64 -水平書館-
佐宗美邦の世界

VOL.63 -水平書館-
柳瀬正夢と村山知義

VOL.62 -かわほり堂-
華麗なる鏡花本の世界

VOL.61 -けやき書店-
直筆から見える作家の素顔

バックナンバー VOL.51~VOL.60

VOL.60 -軍学堂-
軍事・戦争書籍を図と共に

VOL.59 -アカシヤ書店-
江戸幕府の碁打ち将棋指しから庶民のゲームへの道程

VOL.58 -藝林荘-
「読む」落語の世界

VOL.56 -矢口書店-
映画人の書いた本とその周辺~映画監督を中心に

VOL.57 -手塚書房-
歌舞伎の刷り物―幕末から明治まで

VOL.56 -矢口書店-
映画人の書いた本とその周辺~映画監督を中心に

VOL.55 -小川図書-
「ビジュアル本」のススメ

VOL.54 -いざわ書林-
医学書のあゆみ

VOL.53 -古書りぶる・りべろ-
団塊世代の青春期から現在までの一断面 ―全共闘から原発へ―

VOL.52 -菅村書店-
鉄道の古書展―懐かしの都電、路面電車を中心に―

VOL.51 -みんなのワタイチ!-
―神保町公式ガイド Vol.2 発売記念、16人の「私の一冊」展―

バックナンバー VOL.41~VOL.50


VOL.50 -秦川堂書店-
明治大正期の東京名所―江戸時代以後の東京のランドマーク

VOL.49 -明治古典会-
大正100年 今甦る、「その光と影」
関連展示 ―「第46回 七夕古書大入札会」出品物より―

VOL.48 -大雲堂書店-
日用品としての辞書

VOL.47 -臥遊堂-
書物のいろいろ

VOL.46 -永森書店-
吉田初三郎の鳥瞰図

VOL.45 -沙羅書房-
蝦夷地・アイヌに魅せられた人々

VOL.44 -三茶書房-
作家と古本屋

VOL.43 -パージナ-
書体の見本帳

VOL.42 -Bondi Books-
ロバート・フランク

VOL.41 -東京古典会-
和本入門―「古典籍展観大入札会」出品物を中心に―

VOL.31~VOL.40

VOL.40 -ボヘミアンズ・ギルド-
竹久夢二のつくる本の世界

VOL.39 -松雲堂書店-
日本の漢詩を楽しもう

VOL.38 -飯島書店-
日中印譜の世界

VOL.37
歌舞伎座グラフィックス―作家・黒岩比佐子の「古書の森」より

VOL.36 -呂古書房-
装幀の美・豆本の世界

VOL.35 -大屋書房-
江戸の小説 草双紙の変遷と読本~木版摺の挿絵や表紙に注目して~

VOL.34 -奥乃庫-
東京の演劇公演-戦後のパンフレットを中心に

VOL.33 -きゅう睛-
河鍋暁斎の弟子の旧蔵資料

VOL.32 -源喜堂書店-
戦前~戦後の写真集― ドキュメンタリー写真を中心として―

VOL.31 -松雲堂書店-
名所図会を楽しもう
VOL.21~VOL.30

VOL.30 -長島書店-
なつかしのヒーロー達

VOL.29 -高山本店-
能画の世界

VOL.28 -アートブックショップ-
現代に生きるケイト・グリーナウェイ・コレクション

VOL.27 -ブックハウス神保町-
しかけえほんの変遷

VOL.26 -かげろう文庫-
初夏のウィリアム・ブレイク祭り

VOL.25 -南洋堂書店-
○○と建築

VOL.24 -ビブリオ-
野球の古書展 -野球発祥の地にちなんで-

VOL.23 -山田書店-
荷風の本

VOL.22 -秦川堂書店-
絵はがきの語る明治時代

VOL.21 -いにしえ文庫-
むかしの落語本 -明治・大正・昭和戦前-

バックナンバー VOL.11~VOL.20

VOL.20 -くだん書房-
少女マンガ雑誌の世界 ―時代を飾った少女マンガ―

VOL.19 -友愛書房-
キリスト教の伝来 -聖書と讃美歌そしてクリスマス-

VOL.18 -原書房-
千代田区の風景―三大風景絵師、広重・清親・巴水を中心として

VOL.17 -ロック オン キング-
日本ロックシーンに絶大な影響を与えた伝説のバンド“CAROL”

VOL.16 -小林書房-
書物の世界の仏像鑑賞―『図像十巻抄』を中心に

VOL.15 -ブックハウス神保町-
しかけ絵本の世界

VOL.14 -大活字-
この文字見やすい!!~大活字本・便利グッズってなぁに?~

VOL.13 -西秋書店-
武井武雄博覧会

VOL.12 -アンダーグラウンド・ブックカフェ-
佐野繁次郎の装幀本

VOL.11 -虔十書林-
戦後日本映画《プログラム篇》
バックナンバー VOL.1~VOL.10

VOL.10 -誠心堂書店-
江戸の大衆本

VOL.9 -art-bookshop-
バルト三国の手仕事

VOL.8 -悠久堂書店-
昭和の台所

VOL.7 -鳥海書房-
本の植物園

VOL.6 -魚山堂書店-
写真史の小径

VOL.5 -ブックハウス神保町-
しかけ絵本の世界

VOL.4 -日本書房-
近代日本の国語辞書・外国語辞書

VOL.3 -奥野かるた店-
復刻名品と現代のかるた

VOL.2 -玉英堂書店-
初版本・限定本の世界 18作18冊 4,785,000円

VOL.1 -中野書店漫画部-
手塚治虫初期作品コレクション 23作28冊 8,400,000円
Copyright(C) Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟
神保町へのアクセス方法このサイトについて