BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
イベント情報    2009/3/2更新
千代田図書館×神田古書店連盟 『としょかんのこしょてん』バックナンバー VOL.11~VOL.20
バックナンバー
【終了】
としょかんのこしょてん VOL.20 -くだん書房-

展示期間 2009年1月6日(火)~2月1日(日)
更新:2009/1/6

出品リスト :  少女マンガ雑誌の世界 ―時代を飾った少女マンガ―

 少女マンガ雑誌は、当初からそのようなカテゴリーが存在したのではなく戦後に刊行された少女雑誌に於いて、掲載されるマンガの比率が段々と高くなることにより自然発生的に生じたものでした。
 昭和20年代には、講談社『少女クラブ』 集英社『少女ブック』 光文社『少女』の3誌しかありませんでしたが、黎明期となる昭和30年代には講談社『なかよし』 集英社『りぼん』が刊行され、昭和30年代後半には講談社『週刊少女フレンド』 集英社『週刊マーガレット』等の週刊少女マンガ誌も刊行されました。
 昭和40年代に入りますと、「ベルサイユのばら」「キャンディ・キャンディ」「ガラスの仮面」等の本来の読者対象である少女の枠を超え一般にも受け入れられるマンガが出現します。
 今回は、黎明期の少女マンガ雑誌と各時代を飾ったマンガが掲載された雑誌をご紹介いたします。

【出品リスト】
少女クラブ 1960年2月号 講談社 細川知栄子「母の名よべば」 9,000円
少女 1960年12月号 光文社 高橋真琴「プリンセス・アン」 10,000円
りぼん 1962年10月号 集英社 牧美也子「マキの口笛」 12,000円
りぼん 1987年2月号 集英社 池野恋「ときめきトゥナイト」 3,000円
なかよし 1966年9月号 講談社 手塚治虫「リボンの騎士」 8,000円
なかよし 1978年12月号 講談社 いがらしゆみこ「キャンディ・キャンディ」 4,000円
週刊マーガレット 1963年5月12日号 集英社 創刊号 12,000円
週刊マーガレット 1972年5月21日号 集英社 池田理代子「ベルサイユのばら」 5,000円
週刊少女フレンド 1964年9月20日号 講談社 バレエ特集 表紙:森下洋子 6,000円
週刊少女フレンド 1976年3月5日号 講談社 大和和紀「はいからさんが通る」 2,000円
別冊マーガレット 1967年3月号 集英社 西谷祥子「マリイ・ルウ」 4,000円
デラックス
マーガレット
1967年夏の号 集英社 創刊号 30,000円
少女コミック 1969年1月号 小学館 北島洋子「アリサのひとみ」 5,000円
別冊少女コミック 1972年7月号 小学館 萩尾望都「ポーの村」 3,000円
週刊少女コミック 1976年11月7日号 小学館 竹宮恵子「風と樹の詩」 2,000円
花とゆめ 1976年1月5日号 白泉社 美内すずえ「ガラスの仮面」 2,000円
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.19 -友愛書房-

展示期間 2008年12月1日(月)~2009年1月5日(月)
更新:2008/12/1

出品リスト :  キリスト教の伝来 -聖書と讃美歌そしてクリスマス-

1549年、フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸し、日本におけるキリスト教の歴史がスタートしました。また記録にはありませんが、この年に初めてのクリスマスが祝われたと考えられています。
 ◇1549年(天文18年) フランシスコ・ザビエルにより日本伝来
 ◇1587年(天正15年) バテレン追放令
 ◇1612年(慶長17年) キリスト教禁止令 -以後日本は鎖国状態に-
 これ以降、日本はキリシタン禁制迫害の時代に入ります。(かくれキリシタンなど信仰は続きます。) そしてその後1873年(明治6年)にキリシタン放還令が出され、以降、クリスマスなどのキリスト教の行事も解禁され現在に至ります。
 この間(おもに幕末から)、外国人宣教師らにより、多くの日本語訳聖書や讃美歌が生まれました。そこで今回は、その中の聖書と讃美歌を中心に、日本キリスト教の伝来やクリスマスにまつわる品々を紹介いたします。

【出品リスト】
ザビエル肖像 
絵踏み絵 
仏像十字架 8,000円
聖書 ギュツラフ訳(復刻) 35,000円
新約聖書路加伝明治9年85,000円
聖書明治21年
明治初期讃美歌(復刻) 12,000円
前科者はナゼ又行るか 原胤昭著(原女学校)昭和8年35,000円
基督一代記(誕生の図)明治15年
ウィリアム・ホール筆イエス伝図譜 
こども讃美歌集 
新撰讃美歌(復刻) 
讃美歌ならびに楽譜(復刻) 10,500円
クリスマス百科事典平成19年
たのしいクリスマス昭和55年2,000円
クリスマス音楽ガイド平成19年
仕掛け絵本 クリスマスのおはなし昭和60年
仕掛け絵本 TheFirstChristmas昭和59年
必ず役立つクリスマスの本昭和54年400円
こどもさんびか平成16年2,800円
讃美歌21平成15年1,800円
讃美歌合本平成19年2,200円
新共同訳聖書平成20年3,800円
文語訳聖書平成20年 
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.18 -原書房-

展示期間 2008年10月(土)~11月30日(日)
更新:2008/10/23

出品リスト :  千代田区の風景-三大風景絵師、広重・清親・巴水を中心として-

 江戸の名所を挙げれば色々あるが、やはり神社仏閣なら神田明神、浅草寺、三圍。景色なら飛鳥山や愛宕山、御茶ノ水、両国。娯楽であれば吉原、猿若町などが多く描かれている。今回、江戸、明治、大正、昭和を代表する風景絵師、歌川広重 (1797-1858)、小林清親 (1847-1915)、川瀬巴水 (1883-1957)による千代田区の風景を題材とした木版画を集めてみた。それぞれの時代の風景の違いや、木版画の技法など、比較してお楽しみ頂きたい。
 浮世絵の画題には風景画の他にも芝居絵、美人風俗画、諸国名所や地方に伝わる伝記伝説、合戦などがある。画中に描かれる物も動植物、料理、楽器、お祭り、様々な生活道具など、実に多様だ。写楽や歌麿の有名な作品には手が出ないかもしれないが、浮世絵版画には数千~数万円で買えるものも多い。お住まいの地域の名所、故郷の史跡、趣味や仕事に関係する浮世絵版画を探し出し、蒐集するのも面白い。

【出品リスト】
歌川国丸 (1793-1829)
新板浮絵 江戸神田明神之図 文政頃 (c.1818)

220,000円
斎藤月岑 (1804-78)著・長谷川雪旦 (1778-1843)画
江戸名所図会 20冊揃 天保5年、7年刊(1834, 1836)

450,000円
歌川広重 (1797-1858)
江都名所 かすみがせき 天保3年頃 (c.1832)

80,000円
東都名所 神田明神 天保6年頃 (c.1835) 90,000円
絵本江戸土産 3編 嘉永3年序 (1850) 60,000円
名所江戸百景 外桜田弁慶掘糀町 安政3年 (1856) 230,000円
名所江戸百景 水道橋駿河台 安政4年 (1857)
歌川広重 二代 (1826-69)
絵本江戸土産 8編 文久元年序 (1861)

80,000円
江戸名勝図会 神田明神 文久元年 (1861) 40,000円
歌川豊国 四代 (1823-80)
東京名所 招魂社 明治3年頃 (c.1870)

9,000円
小林清親(1847-1915)
東京名所 九段馬がけ 明治14年 (1881)

100,000円
井上安治 (1864-89)
東京真画名所図解 御城二重橋ノ景 明治17年頃 (c.1884)

20,000円
東京真画名所図解 神田川駿河台 明治17年頃 (c.1884) 13,000円
東京真画名所図解 靖国神社 明治17年頃 (c.1884) 12,000円
東京真画名所図解 外桜田遠景 明治17年頃 (c.1884) 10,000円
東京真画名所図解 桜田参謀法部 明治17年頃 (c.1884) 10,000円
川瀬巴水 (1883-1957)
神田明神境内 大正15年 (1926)

350,000円
二重橋の朝 昭和5年 (1930) 120,000円
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.17 -ロック オン キング-

展示期間 2008年10月1日(水)~10月23日(水)
更新:2008/09/22

出品リスト :  日本ロックシーンに絶大な影響を与えた伝説のバンド“CAROL”

 1972年10月8日、当時まるで無名だったCAROLがフジテレビの番組「リブ・ヤング!」に出演し、世間や業界関係者へ衝撃を放つ。衝撃を受けたひとりミッキー・カーチスにより、CAROLはこの年にメジャーデビューが決定する。
 当時様々なロックフェスティバルを行っていた内田裕也の目にも止まり、CAROLにとって初の大きな舞台となる、第1回「ロックンロール・カーニバル」(1973年2月28日)に出演。会場には大勢のロックファンが詰め掛け、映画監督・龍村仁などその後のCAROLと深く関わり合う人たちをも魅了していく。
 1975年4月13日、日比谷野外音楽堂にて解散LIVE。解散ライブでは、特殊効果用の火がセットに燃え移り炎上、一瞬にしてあたりは火の海となった。燃え尽きるバンドCAROLは伝説となった。
そんな伝説のバンド“CAROL”の足跡の中から、エポックメーキングな出来事を年代順に書籍や当時の資料でご紹介します。

【出品リスト】
■1973年
第1回「ロックンロール・カーニバル」 1973.2.28 渋谷公会堂 半券チケット
参加:キャロル、内田裕也&1815 Rock'n'Roll Band、ファニー・カンパニー
-
第2回「ロックンロール・カーニバル」 1973.4.1 渋谷野外音楽堂 半券チケット
参加:キャロル、ファニーカンパニー、VSOP、かまやつひろしとウオッカコリンズ、     内田裕也&1815 Rock'n'Roll Band、ミッキーカーチス
-
ロックン・ライダー・キャロルのすべて 新譜ジャーナル別冊
キャロル唯一の写真集。インタビューや写真・楽譜などで構成されている。
157,500円
CAROL ロックンバンドスコア
写真・楽譜集 篠山紀信撮影 東京音楽書院 1973年
105,000円
CAROL バイオグラフィー&バンドスコア
写真集的な要素が強い楽譜集 写真満載約40頁(篠山紀信撮影) 東京音楽書院 1973年
157,500円
■1974年 -
アート・シアター・ギルド関連
NHKドキュメント「キャロル」(1973年10月20日)を製作した龍村仁監督により、ATG映画「キャロル」が製作される。1974年4月22日公開。
-
ATG CAROL スチール写真5枚セット 約12cm×16cm
このスチール写真は、ロビーカードと同じデザイン。
-
ATG CAROL パンフレット
表紙は矢沢永吉で、バックショットといわれるファンの間で人気のデザイン。
-
ATG CAROL チラシ
縦長のポスター風チラシで、当初より2つ折りになっている。
-
ATG CAROL アートシアター新宿文化チラシ -
■1975年
GOOD BYE CAROLコンサート 1975 追加公演告知チラシ  -
GOOD BYE CAROLコンサート 1975 足利市民会館 半券チケット
キャロル オン・ステージ 珍しい写真入りチケット
-
GOOD BYE CAROLコンサート 1975.4.13 日比谷野外音楽堂 半券チケット
キャロルのラストライブ 伝説の日比谷の半券チケット
105,000円
「暴力青春」キャロル-最後の言葉 キャロル・メンバー4人直筆サイン入
1975年 初版 KKベストセラーズ
暴力青春発売記念として店舗限定で先着数名に販売される。暴力青春は現在絶版だが、過去に再版された時にカバーデザインなど変更があり、デザイン違いが3種類ある。
-
■その他
ステッカー WE ARE ROCK'N ROLLER 未使用 約6.4cm×17cm 10,500円
ポストカード 2枚セット GOOD BYE CAROL フィリップスレコード 84,000円
ポストカード ラストチャンス ユウ岡崎直筆サイン入 42,000円
CAROL'S STORY 冊子 2種類 フィリップレコード
写真が多く使用されていて、ミニ写真集のような感じです。
各31,500円
栄光のキャロル・スペシャル フィルム・コンサート チラシ 有楽町 日劇 31,500円
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。
【終了】
としょかんのこしょてん VOL.16 -小林書房-

展示期間 2008年9月1日(月)~9月30日(火)
更新:2008/09/02

出品リスト :  書物の世界の仏像鑑賞―『図像十巻抄』を中心に―

 今春、東京国立博物館にて催された「国宝薬師寺展」では、日本仏教彫刻の最高傑作の一つとして知られる、国宝「日光・月光菩薩立像」がそろって公開され、大きな注目を集めました。また、ニューヨークのオークションでは運慶作とみられる「木造大日如来坐像」が日本美術品、仏教美術品共に最高落札額を記録するというニュースもありました。
 いつの時代も人々の心を動かし、魅力を放ち続ける仏像達。彫刻だけでなく、書物の世界でも古くより描き続けられています。その代表的な書物が平安時代成立とされる「十巻抄」です。仏像たちの個別の形や色、持ち物や手の形などを詳細に解説し、図像を描く形式をとっており、十巻の巻物にまとめられている所からその名が付いています。このような古人たちの作業があったからこそ、仏像たちの特徴や容姿が混乱する事なく、一通りの決まりを持って、今にその姿を伝えているのでしょう。
 今回の展示では、元文三年(1738)に書かれた「図像十巻抄」を基に書物の世界の仏像たち―特に代表的・特徴的な8尊を、ご覧いただきます。仏たちの容姿の特徴はもちろん、和紙と墨が織り成す、その繊細な筆使いや、鮮やかな色合い。仏達の様々な表情、後世に伝えようという人々の想いなどを感じていただけたらと思います。

【出品リスト】

図像十巻抄 8冊 元文三年雲羽・便影写、還我画

 元文三年(1738)に文字を雲羽・便影によって筆写、図像を還我によって描かれた。底本は延慶二年(1309)の印玄本。安永七年(1778)に栄順によって校訂、朱点や朱字での書込みが見られる。巻八「忿怒部」、巻十「天部下」を欠く8冊本。全8冊中、77尊を収録。筆による細やかな描写と鮮やかな色彩が目を引く図像である。今回は以下の8尊を展示いたします。
巻第一【五仏部】 ○大日如来(金剛界)
巻第二【仏頂并如来部】 ○薬師如来
巻第三【経部】 ○仁王経曼荼羅
巻第四【秘部】 ○愛染王
巻第五【菩薩部】 ○弥勒菩薩
巻第六【観音部上】 ○千手観音
巻第七【観音部下】 ○白衣観音
巻第九【天部上】 ○歓喜自在天
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.15 -ブックハウス神保町-

展示期間 2008年8月1日(金)~8月31日(日)
更新:2008/08/06

出品リスト :  しかけ絵本の世界

 しかけ絵本の始まりは、印刷技術が発明された15世紀中頃、自然科学や解剖学の研究書として用いられました。言わば紙でできた模型として人々に重宝されたようです。ヨーロッパにおけるしかけ絵本の登場は19世紀からで、その中で頭角を表したのは、アーネスト・二スターとローター・メッケンドルファーです。二スターは、上下に絵が変わるブラインド式と円盤回転式の変わり絵を開発しました。一方メッケンドルファーは、ドイツの名匠と謳われ、ピボット(旋回支軸)やヘリッド(鋲)、紙のベロを用いてキャラクターに複雑で巧妙な動きを持たせました。
 今回、しかけ絵本の歴史を作ったこの2名の作品と、現代のしかけ絵本を合わせて展示しています。昔のままの技法が使われている作品から、全く新しい技法を取り入れたものまで、しかけ絵本の昔と今を紹介しています。
 手にとってご覧いただける商品もご用意しておりますので、実際に触って楽しんでいただければと思います。

【出品リスト】
既刊本 ライトをてらせ! 1,500円
きらきらねがいぼし 1,400円
スター・ウォーズ 3,800円
ちびっこタフィーのとくいわざ 1,400円
エルガーのあさごはん 1,400円
オズの魔法使い 3,800円
愛蔵版 クリスマスの12日 3,800円
ちいさなおたまじゃくし 1,500円
(新装版)おばけやしき 3,000円
3びきのかわいいオオカミ 3,200円
ちびっこきかんしゃくん 1,300円
運命の大逆転 3,689円
ファーストクリスマス 2,800円
春夏秋冬プーさんといっしょ 2,800円
不思議の国のアリス 3,800円
ポップアップ・サファリ 2,100円
ABC3Dポップアップ見本帖 2,000円
あかまるちゃん 2,400円
しかけ絵本の基礎知識ポップアップ 3,900円
品切れ ギャロップ!! 1,900円
復刻版 My Picture Puzzle Book
The Children's Picture Book
The Little Actor's Theater
The Great Menagerie
The Travels of Little LORD THUMB and His Man DAMIAN
Land of Sweet Surprises
Surprise! Surprise!
INTERNATIONAL CIRCUS
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.14 -大活字-

展示期間 2008年7月1日(火)〜7月31日(木)
更新:2008/07/02

出品リスト :  この文字見やすい!!~大活字本・便利グッズってなぁに?~

 皆さんは大活字本というものをご存知でしょうか? 最近、新聞各紙が見やすいようにと大きな文字でリニューアルされていますが、本に関しても同じことが言えるのではないでしょうか。
 弊社では弱視といわれる方々が読みやすいよう、22ポイントのゴシック体で人気小説等の新刊本を大活字本として出版しています。老眼になってきて見えづらくなってきた方々からも、ルーペを使わずに読める!!とじわじわと愛用者が増えております。
 まだまだ一般の書店には置かれていませんが、各図書館で大活字本コーナーがあるところもたくさん出てきています。この機会にぜひ触れてみてはいかが?  また、今回合わせて文字を大きくして読める拡大読書器をはじめとした便利グッズもご紹介いたします。ちょっとしたことなんだけど、小さな工夫がされていて便利に使える便利グッズ。そう例えば、白黒のまな板なんかもその一つ。黒い面で豆腐や大根がよく見えて切りやすいんですね。そんな便利グッズワールドの一部をご紹介いたします。
 もっと知りたい、もっと見たいと思ったあなた、神保町のお店でお待ちしていますよ。

【出品リスト】
大活字本 幕末の尼将軍篤姫 全3巻各 3,129円
鬼平犯科長(十三) 全3巻各 3,097円
太陽の塔 全3巻各 3,066円
ひとり日和 全2巻各 3,066円
秘剣乱舞 全3巻各 3,097円
ALWAYS 3丁目の夕日 全3巻各 3,129円
いま会いにゆきます 全3巻各 3,129円
小学校拡大教材 新しい算数2年 上下巻38,041円
NEW HORIZON English Course1  上下巻31,500円
点字絵本 ドラえもん あそびがいっぱい945円
きかんしゃトーマス なかまがいっぱい945円
ももたろう840円
かみさまにえらばれた12のどうぶつ840円
その他書籍 見えない世界をみてみよう1,000円
目の不自由な子どもを育てるヒント1,260円
弱視者いろはカルタ2,940円
便利グッズ 拡大読書器 198,000円
LEDワイドライトルーペ 3倍~12,5倍9,450円~10,500円
バールーペ 2倍6,300円
すらすら書ける便箋ガイド600円
ビジュアルイーズブラックノート300円
ロービジョンスケール 30センチ600円
白黒反転カレンダー1,000円
ご飯くっきり 竹炭しゃもじ380円
白黒まな板2,000円
押しかげん しょうゆさし800円
キーホルダー音声時計1,000円
シチズン温度計付き音声時計10,500円
ラウンドタイプつめやすり 大800円
らくらく糸通し1,700円
点字キーつき キータイマー2,940円
拡大ミラー3WAY2,000円
カラー点字プレート基本セット(透明)1,200円
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.13 -西秋書店-

展示期間 2008年6月5日(木)〜6月30日(月)
更新:2008/06/05

出品リスト :  武井武雄博覧会

 大正期から戦前・戦後と、長く「童画家」として活躍した武井武雄(1894年長野県諏訪生-1983年没)。その仕事は童画を中心としながらも、童話、漫画、版画、装幀、郷土玩具収集・研究、創作玩具製作など多方面に及びます。
 一目見たら忘れられないオリジナリティを保ちながら生み出された膨大な作品と広いジャンル。それらを生み出す原動力はいったい何だったのでしょうか。
 氏の作品世界に触れるには、残念ながら現在流通している新刊書籍においては非常に限られています。古書でこそ味わえる「武井武雄」の世界。その画は今見てもその新鮮さは失われること無く、むしろ平成の今以上に大胆かつ自由です。本当にごく一部ですが、ぜひご覧下さい。
武井武雄画噺
 1:あるき太郎
 2:おもちゃ箱
 3:動物の村
丸善 昭和6年(重版)
花の伝説 実業之日本社 大正15年
幼児エホン 4冊 鈴木仁成堂 昭和8年
コドモノクニ    
子供之友    
赤ノッポ青ノッポ 鈴木仁成堂 昭和9年
赤ノッポ青ノッポ 集英社 昭和57年
ハツメイハッチャン
現代連続漫画全集第五巻
アトリエ社 昭和10年
武井武雄刊本作品
 32:極秘亭探訪
 58:新しい地球
 79:π子の船出
   
赤ノッポ青ノッポ 漫画かるた 鈴木仁成堂(戦前)
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.12 -アンダーグラウンド・ブックカフェ-

展示期間 2008年5月1日(金)〜6月4日(水)
更新:2008/05/02

出品リスト :  佐野繁次郎の装幀本

  2005年に開かれた佐野繁次郎の回顧展以来、その画業とともに装幀本に対する評価もますます高まっています。佐野繁次郎は明治33年(1900)に大阪に生れました。15歳のころ佐伯祐三と知り合ったのをきっかけとして油絵を描きはじめます。二科展に初入選した翌年(1930)より装幀を手がけ、とくに一連の横光利一の著作では、前衛と伝統がせめぎあう新たな境地を開いています。敗戦直後の出版ブームから高度成長時代においても、一目で佐野本と分かるような印象的なデザインで数多くの作品を飾りました。今回は佐野の装幀を六つのカテゴリーに分け、代表作を展示するとともに『銀座百点』と佐野アルバムのコーナーを設けました。
 本展示は「アンダーグラウンド・ブック・カフェ Vol.11」(6月1-3日 東京古書会館)の併催展示「佐野繁次郎の装幀モダニズム」展(同日程)のプレ展示となります。
 展示品はすべて上記展示の企画者:林哲夫氏の所蔵品であり、非売品です。
モダニスト佐野繁次郎 現代猟奇尖端図鑑   新潮社 1931年
菊池寛読物選集 菊池寛 新潮社 1931年
横光利一の佐野繁次郎 横光利一選集 横光利一 改造社 1933年
時計 横光利一 創元社 1934年
春園 横光利一 創元社 1938年
アプレゲールの佐野繁次郎 女性 第1巻第5号   新生社 1946年
時間 横光利一 山根書店 1947年
受胎 井上友一郎 新文芸社 1947年
風雪 第1巻第9号   新生社 1946年
浅草ぐらし 林芙美子 実業之日本社 1948年
和風の佐野繁次郎  くらしの工夫 今田謹吾編 生活社 1942年
初昔 きのふけふ 谷崎潤一郎 創元社 1942年
東京紅燈集 吉井勇 新生社 1947年
パリの佐野繁次郎 巴里風物詩 渡辺紳一郎 東峰書房 1955年
随筆 第3巻9号~12号   産業経済新聞社 1956年
パリの居酒屋 辻静雄 柴田書店 1971年
佐野繁次郎のパピエ・
コレ(コラージュ)
新日本文学全集第25巻 岡本かの子 改造社 1940年
青年の汚名 大江健三郎 文藝春秋 1970年
フランス料理の手帖 辻静雄 鎌倉書房 1973年
蘆火野 船山馨 朝日新聞社 1973年
風に吹かれて 五木寛之 集英社文庫 1977年
まだ若い 源氏鶏太 文春文庫 1975年
銀座百点の佐野繁次郎 銀座百点 17冊   銀座百店会 1959~67年
佐野繁次郎アルバム 小説新潮 第2巻第11号   新潮社 1948年
美術手帖 第174号   美術出版社 1960年
銀座百点 80号   銀座百店会 1961年
Shiguejiro SANO   ギャラリーためながフランス 1971年
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。

【終了】
としょかんのこしょてん VOL.11 -虔十書林-

展示期間 2008年4月1日(火)~4月30日(水)
更新:2008/04/10

出品リスト :  戦後日本映画 《プログラム篇》

 テレビのなかった時代、戦後の復興を支えた人々の暮らしの最大の娯楽は映画だった。1950年代、日本映画界も黄金期と呼ばれる時代を迎える。
銀幕のスターに胸踊らされ、劇場の売店でプログラムを買うことを楽しみにしていた人々もいたでしょう。スタッフ、キャスト名から、あらすじ、解説、ハイライトシーンの写真や、批評家(詩人、小説家、評論家等)の記事まで掲載されているこのプログラムは、諸外国には存在しない。まさに日本特有の文化である。
プログラムの誕生は、明治とも大正とも言われている。今回は有料販売された
戦後のもので、特に世界に影響を及ぼした監督作品を中心に展示いたしました。

   【出品リスト】  全24点
醜聞(スキャンダル) 黒澤明 1950年 150,000円
野良犬 黒澤明 1949年 80,000円
羅生門 黒澤明 1950年 120,000円
七人の侍 黒澤明 1954年 60,000円
蜘蛛巣城 黒澤明 1957年 25,000円
悪い奴ほどよく眠る 黒澤明 1960年 30,000円
用心棒 黒澤明 1961年 20,000円
椿三十郎 黒澤明 1962年 25,000円
天国と地獄 黒澤明 1963年 10,000円
宗方姉妹 小津安二郎 1950年 70,000円
彼岸花 小津安二郎 1958年 30,000円
小早川家の秋 小津安二郎 1961年 20,000円
麦秋 小津安二郎 1951年 25,000円
早春 小津安二郎 1956年 20,000円
笛吹川 木下恵介 1960年 10,000円
カルメン故郷に帰る 木下恵介 1951年 7,000円
銀座二十四帖 川島雄三 1955年 10,000円
暖簾 川島雄三 1958年 8,000円
雨月物語 溝口健二 1953年 40,000円
近松物語 溝口健二 1954年 15,000円
西鶴一代女 溝口健二 1952年 30,000円
驟雨 成瀬巳喜男 1956年 10,000円
流れる 成瀬巳喜男 1956年 12,000円
あらくれ 成瀬巳喜男 1957年 15,000円

◆出品リスト中の年号は製作年で、公開年とは異なるものも含まれます。
◆出品リストは予告なく変更になる場合があります。


バックナンバーVOL.11~VOL.20

VOL.20 -くだん書房-
少女マンガ雑誌の世界 ―時代を飾った少女マンガ―

VOL.19 -友愛書房-
キリスト教の伝来 -聖書と讃美歌そしてクリスマス-

VOL.18 -原書房-
千代田区の風景―三大風景絵師、広重・清親・巴水を中心として

VOL.17 -ロック オン キング-
日本ロックシーンに絶大な影響を与えた伝説のバンド“CAROL”

VOL.16 -小林書房-
書物の世界の仏像鑑賞―『図像十巻抄』を中心に

VOL.15 -ブックハウス神保町-
しかけ絵本の世界

VOL.14 -大活字-
この文字見やすい!!~大活字本・便利グッズってなぁに?~

VOL.13 -西秋書店-
武井武雄博覧会

VOL.12 -アンダーグラウンド・ブックカフェ-
佐野繁次郎の装幀本

VOL.11 -虔十書林-
戦後日本映画《プログラム篇》

Copyright(C) Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟
神保町へのアクセス方法このサイトについて