BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
英山堂書店(えいざんどうしょてん)
[古書全般] 古書一般
「昭和」を今に伝える
まちの古本屋さん

 終戦直後の1946(昭和21)年、先代店主のときに現在の水道橋駅前、白山通り沿いに移転してきた。現在の店舗は1975(昭和50)年頃に建て替えられた木造モルタル造り。昭和の頃には全国各地の商店街にあった書店の雰囲気を今に伝えている。

 壁の棚は文庫本、雑誌、全集、ノンフィクションで四分割され、中央の書架は文芸書が中心。「うちは、靖国通りとは違って希覯本は置かない」と、1965年頃に家業を継いだ二代目店主の西山英二さん。宮部みゆきや大沢在昌といった現在の人気作家が目立つものの、大江健三郎、山口瞳、丸谷才一、遠藤周作など、昭和の名作家もしっかり置かれている。
 文芸と向かい合わせに、南側(左手)の棚半分を全集が占める。吉川秀春や山岡荘一のセットもの、夏目漱石、芥川龍之介、正宗白鳥などのばら売りが並ぶ。
 一方、北側(右手)の棚を占める文庫本は1000冊はあろうか、T・クランシーやフォーサイスなどの人気ミステリー作家を中心に、モーリス・ルブランのルパン・シリーズなどが並んでいる。店頭のワゴンも文庫本だ。
 右手の奥には『現代のエスプリ』『ミステリーマガジン』『SFマガジン』といった著名な雑誌が大量に並ぶ。これも各雑誌200冊はあろうか。「うちは専門店ではないから、問い合わせには応じないよ。自分で探して」と、二代目。はじめての人には、とっつきにくい店主とうつるかもしれない。

 しかしながら話が『筑摩 世界ノンフィクション全集』約30冊に及ぶと口元がゆるむ。「今はテレビで、みんなわかった気になっているけど、本を読んでから見ると感動が全然違うよ」。1960年代、西山さんもこの全集を胸をときめかせて読んだという。「タイタニック号の最期」「ヒトラー最後の日」「中国の赤い星」「ちょっとピンボケ」などが収録されて、紙箱入りが1冊600円。
 西山さんは、邪馬台国論争にも関心があるようで、宮崎康平の『まぼろしの邪馬台国』など古代史関係の本もならぶ。先ほどの頑固さはどこへやら。江戸っ子らしい人情味のある話し方で九州王朝説を語りはじめる。自分の関心のある本を並べているのだ。

 全集や初版本をのぞいて、価格帯は1000円未満。いずれも古書組合の市場で仕入れる。主たる客層はサラリーマンや学生。定期的にのぞいていれば、何かが見つかる。目的もなく古書店めぐりをする楽しさを知っている読書人にはお勧めの店である。

3,000円の予算でこんな本が買えました!
『明治十手架』(上・下巻)
山田風太郎(著)/読売新聞社/1988年(昭和63年)
時代小説作家、山田風太郎の著書。この頃がちょうど捕り物帖からミステリーへの変換期にあたる。
 
店舗データ
千代田区西神田2-8-11
TEL:03-3261-2275
MAPを見る
営業時間/休日
10:00~19:00/不定
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて