BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
恵比寿堂ギャラリー(えびすどうぎゃらりー)
[美術・版画] 浮世絵版画・肉筆、新版画、創作版画
初心者でも安心して購入できる
浮世絵専門ギャラリー

 神保町交差点のすぐ近く、和菓子の亀澤堂の2階にある。亀澤堂は白山通りに面しているのだが、恵比寿堂ギャラリーへの入り口は、白山通りには面しておらず、横の細い道を入ったところ。ここの扉は通常は閉まっており、さらにとても重いのだが、臆せずに開けてほしい。階段を上がって2階が店舗。ここの扉は、営業時間中は開いているはず。

 創業は1999(平成11)年。店主の家所純子さんは、西洋美術を扱う銀座の画廊に勤務していた。主にフランスの印象派の画家などを手がけており、その頃は、自身も「浮世絵は展覧会で見るもの」と思っていたそうだ。しかし、浮世絵の中には数千円から購入できるものもあると知り、それが、「いつか独立して自分の店を持ちたい」という気持ちと結びついて、浮世絵専門のギャラリー開店とつながった。浮世絵は独学で勉強したそうである。

「日本人なのに意外と日本のことを知らないんですよね。浮世絵は当時の習慣などを知る窓口になる。たとえ、虫食いで、美術品としての価値は低くなってしまったとしても、読む楽しみがありますよね。そこが魅力です。せめて、美術に興味のある人にはそういう浮世絵の良さをわかってほしいです」と家所さん。

 写楽、北斎、歌麿といったビッグネームだけが浮世絵ではなく、知られていない作家でもいいものが多いと家所さんは言う。注目しているのは、幕末から明治のもの。役者絵の国貞、三代目豊国、国周、芳年や、容斎派の尾形月耕、花鳥画の小原古邨など、海外では非常に評価の高い作家も、日本ではまだ広く一般にまで名前が知られているとは言い難い。また、『国華』などの美術雑誌についている木版画にも質の高いものはあるという。

「日常の中にいいものをそろえるようになれば、みんなもっとものを大切にするようになると思うんですよ。だから、もっと浮世絵が日常生活に入っていけるといいですね。わからないことは気軽に聞いてください」

3,000円の予算でこんな本が買えました!
歌麿 当時全盛美人揃 松葉屋内 染之助 (復刻)
喜多川歌麿(筆)
非常に質の高い、彫師、摺師の手で製作される浮世絵復刻版画。江戸時代で最も質の高い初版浮世絵を1970年代に復刻。
 
店舗データ
千代田区神田神保町1-9 稲垣ビル4階
TEL:03-3219-7651
FAX:03-3219-7652
MAPを見る
メールアドレス
info@ebisu-do.com
ホームページ
http://www.ebisu-do.com/
営業時間/休日
11:00~18:30/日、祝
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて