BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
大久保書店(おおくぼしょてん)
[自然科学] 地質学、古生物、鉱山誌、鉱山史、鉱物学、地史
学問の進歩にも貢献
稀少な地質学関係の専門店

 レトロな外観はいかにも古書店といった佇まい。店内には、鉱物学をはじめとして、古生物学、岩石学、鉱山誌(史)といった地質学関連書など、一般にはなじみのない自然科学書がぎっしり。レジ前の小さなテーブル上は、花の模様が映る珍しい菊花石が無造作に置かれているのも“らしさ”を感じさせる。こうした自然科学系の専門古書店は神保町でも稀少で、その道の研究者や学生たちには貴重な存在になっている。

 先代が、地理学が専門の小川琢治・京大教授と懇意にしていたことが創業のきっかけだ。小川琢冶という名前ではピンとこない人でも、ノーベル賞の湯川秀樹の父といえばすぐに分かるだろう。その湯川の長兄で冶金学者だった東大教授の小川芳樹もこの店へ足繁く通った常連客のひとり。書棚の上に1枚の賞状があった。日本の地質学研究に長年貢献してきたこの店に対し、1968(昭和43)年に日本地質学協会から送られた感謝状だった。

 1882(明治15)年発行の『金石図解』をはじめ、現在の宝石学の原形を作ったとされる『宝石誌』、宝石専門書『宝玉誌』など、この店でしか見られない稀少本も数多い。昭和初期に発行された南満州鉄道の地質調査書も非常に興味深い一冊。「ここ最近、あまりいい本が出回らなくなった」と店主の大久保雄一さんは嘆く。「自然科学書はとても地味な存在です。非常に珍しいものでさえ、人文系ほど高額ではない。だからこそ、高い、安いでなく、書店が“これを!”とおすすめする本を買っていただきたいのです」と語る。大久保さんは、専門知識にも長けていることから、来店客からも一目置かれる存在。お目当ての書籍がある場合、気楽に相談してみるのが一番だ。

3,000円の予算でこんな本が買えました!
『温泉学』
湯原浩三(著)、瀬野錦蔵(著)/地人書館/昭和44年
温泉の定義、分類法をはじめ、温泉を地質学や地球物理学などの研究結果から詳細に分析。世界ではじめて「温泉学」の体系化に取り組んだ書である。
 
店舗データ
千代田区神田神保町1-7
TEL:03-3291-3306
FAX:03-3291-3306
MAPを見る
営業時間/休日
10:30~18:30/日
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて