BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
きゅう睛(きゅうせい)
[古書全般] 近代文学、美術工芸、世相、趣味本
古書好きが高じて本を売る側へ
明治~昭和初期の近代文学を扱う

 店主の堀口稔さんの前職は公務員で、もとは神保町の一ファンであった。趣味でこの街に通い詰め、近代文学や趣味本を買い集めるうちに、気が付いたらかなりの蔵書になっていたという。そこで「買う側から売る側になって、別の視点から神保町を見てみたい」という思いから、2003(平成15)年の9月に開店した。扱う本は明治から戦前の昭和にかけての近代文学、趣味、美術書が中心だ。

 ※店舗を構えているわけではないので、現地では販売していません。

3,000円の予算でこんな本が買えました!
『幻の華』
白蓮(著)/新潮社/大正8年
大正の女流歌人、柳原白蓮の歌集。装丁は詩画人、竹久夢二。1919(大正8)年刊行で、当時の価格は1円50銭也。
 
店舗データ
千代田区猿楽町1-5-20 高尚堂ビル
TEL:03-3233-8847
FAX:03-3233-8847
営業時間/休日
不定/不定
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて