BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
小宮山書店(こみやましょてん)
[古書全般] 近・現代文学、肉筆類、国文、歴史、哲学、宗教、美術、映画、音楽
三島由紀夫の品ぞろえは神保町随一
週末のガレージセールも人気

 1939(昭和14)年に創業されたこの店は、構えも大きく、遠くからでもよく目立つ。4階を6フロアに区切った広い店内には、幅広いジャンルの書籍がそろえられている。金・土・日・祝日に、店舗の裏手で行われるガレージセールは掘り出し物を探しに、遠方からやって来る客も多い。

 店内1階の文芸書や時代小説のフロアでは、正面の署名本コーナーがまず目に飛び込んでくる。山口瞳や開高健などは多く揃う。最近は毛筆の署名を書く作家が減っているというが、司馬遼太郎の『国盗り物語』には堂々とした毛筆の署名が付けられている。ガラスケースの中には、戦前のモダニズム詩人として知られる北園克衛の作品を展示。詩作に留まらず、油絵、雑誌の編集、書籍の装幀にも活躍した北園が、亡くなる寸前まで編集し続けた小雑誌『VOU』は若者に人気とか。

 2階は児童心理から、哲学・人類学・外国文学・世界史・中国関係など。さらに文庫・新書・映画・演劇・音楽を中心とした2M階。江戸・東京関係や国文学・仏教・神道・民俗・日本史・地方史・考古学・戦史が揃う3階を通り抜けていくと、展覧会図録・画集・デザイン書・写真・建築書を扱う新設美術フロアである3M階となり、4階は展示室になっている。この展示室はいつでも入ることができる。「新しい古本屋の形を作りたいんです」と、若き三代目店主の小宮山慶太さんは張り切る。小宮山さんは、より多くの人に古き良き芸術作品を手に取って見て欲しいと考え、このギャラリー風展示室を整備した。また、写真を多用した全ページカラーの目録デザインも自ら担当している。

 小宮山書店の三島由紀夫関係の本や草稿は、質・量共に神保町随一といわれる。「三島由紀夫のように、時代を代表するアーティストをもっと紹介したい。アーティストを通じてその時代を紹介する、という試みに今後も力を入れていきます」

3,000円の予算でこんな本が買えました!
横尾忠則 神戸招福縁起まつり ポスター
横尾忠則(デザイン)/1998年
「この人の感性はすごい。どんな作品でも周りに調和しない。どこにおいても必ず浮いている。でもその超個性を評価したいと思うんです」(小宮山さん)
 
店舗データ
千代田区神田神保町1-7
TEL:03-3291-0495
FAX:03-3291-0498
MAPを見る
メールアドレス
info@book-komiyama.co.jp
ホームページ
http://www.book-komiyama.co.jp/
営業時間/休日
11:00~18:30(日・祝11:00~17:30)/なし(年末年始は12/30~1/4まで休み)
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて