BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
神保町古書モール(じんぼうちょうこしょもーる)
[古書全般] 古書一般
約20店舗が入居する古書モール
本の森を歩く楽しみに溢れた空間

 神保町古書モールは、すずらん通りで「古書かんたんむ」を開いていた田中隆志さんの手により2005(平成17)年1月にオープンした。「本の好きな人が遊べる場所が減っていることと、面白い空間をつくってアピールしたいという想い、そして敷居の低い店を出せばお客様に来てもらえるのではないかとの商魂が開店の動機です」。すすらん通りのビルの5階にある。1階の、エレベーター入り口横には大きなたて看板があるが、初めて行く際はまちがえて隣の三省堂に入ってしまうこともあるので注意が必要だ。

 店名が「古書モール」とあるように、ここには約20店舗が「入居」している。「入居」といっても各店舗は棚を借りて書籍を置いているだけ。会計処理や本の棚出しなどの日常的な管理運営は「古書かんたんむ」が行い、売り上げのなかから月ごとに「店代」などの経費を差し引いて各店舗に支払われる仕組みだ。

 入居しているのは、これまでよその地域でやってきた店や、通信販売を中心にしてきた店が中心で、「コミックや雑誌では飽き足らなくなった」「神保町に来る人に売ってみたい」と意気込んでいるという。それを裏付けるかのように、法律、歴史、自然関係といった専門書から、文芸書、洋書、映画関係までと、ジャンルは棚によってさまざま。形態も単行本、文庫、雑誌とバラエティに富み、昔懐かしいレコードを置いている店まである。お値段も特売の100円から数万円までと幅広い。

「自分だけの本を探しに、散歩感覚で来てください」
 と、店主の田中さん。本の森を歩いて回ることで偶然出合う本。その「発見」の楽しみに満ち溢れた場所である。

3,000円の予算でこんな本が買えました!
『ハリウッド広告史』
児玉数夫(著)/研究社出版/1994年
歴史的なハリウッド映画が、ポスターを中心に、どのように宣伝されてきたかをまとめた1冊。著者がポスターをすべて自分で集めたことにも驚かされる。
 
店舗データ
千代田区神田神保町1-1-13 三省堂書店第2アネックスビル5階
TEL:03-3296-7870
FAX:03-3296-7870
MAPを見る
メールアドレス
munta@uranus.dti.ne.jp
ホームページ
http://www.uranus.dti.ne.jp/~munta/index.html
営業時間/休日
10:00~20:00(日・祝10:00~19:00)/なし、年末年始
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて