BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
通志堂書店(つうしどうしょてん)
[歴史] 中国関係書
アジア関係の書籍の専門店
中国原書の品ぞろえに定評あり

 中国書古書を中心に、アジア関係の書籍を扱う専門店。学術分野は、書誌学、歴史、哲学、文学、考古学、芸術…と多岐に渡り、まんべんなくそろえている。中国や台湾からの中国原書に加え、日本書もある。その割合は、だいたい7対3くらい。また、関連分野に関しては新刊書も多少置いている。2000(平成12)年11月オープンの比較的新しい店だ。年に5回発行される目録は、在庫の総目録ではなく、新規入荷のものだけで構成されている。発行月は特に決まってはおらず、ものがそろった時点で出すという。古書組合のインターネットサイト「日本の古本屋」にも情報を載せており、目録、インターネット、店舗の3本柱で営業している。

 ただし店舗は、看板が出ていないのでややわかりにくい。目印は、入り口のガラス窓に貼られた「通志堂書店」の文字のみだ。客はよく、店の前を気づかずに通り過ぎて九段下近くから電話をしてくるそうだ。店がわかりにくいだけに、たどり着けたときの喜びはひとしおだろう。店主の伊藤文也さんによれば、ここは「基本的には事務所」なのだという。だから、わざわざわかりにくい店にしてある。ひやかしで行くことは絶対に勧めない。しかし、本当に中国関係の古書籍に興味があり、勉強している人はぜひ訪れてみて欲しい。そういう客に対しては、もちろんきちんと対応してくれるし、伊藤さん自身も「大切にしたい」と言っている。

 客層は、さすがに研究者が多いが、最近目立つのは台湾や中国からの留学生。非常によく勉強しているそうで、日本語も流ちょうだとか。店先でよく伊藤さんとも情報交換をしている。「楽しんで商売がしたいですね」とはお客さんとの交流を大切にしている伊藤さんの弁。中国関連分野に興味を持っていて、本気で探すものがあるのなら、きっと有意義な買い物ができるに違いない。

3,000円の予算でこんな本が買えました!
『支那書籍解題 書目書誌之部』
長澤規矩也(編)/文求堂書店/昭和15年
中国の重要文献を集めてその著者・成立事情・内容・体裁・他に及ぼした影響などについて解説した中国研究の必読書。
 
店舗データ
千代田区神田神保町2-2 阿久沢ビル1F
TEL:03-3512-5637
FAX:03-3512-5638
MAPを見る
メールアドレス
tsushido@nifty.com
営業時間/休日
10:00~18:00/日、祝
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて