BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
版画堂(はんがどう)
[美術・版画] 版画、絵画、挿絵本、彫刻
現代版画が充実している店
目録は年6回発行される

 店主の樋口良一さんは、山田書店版画部(現、蒐堂)勤務を経て1989(平成元)年に独立。その時の場所は、現在の場所よりやや駿河台下の交差点寄りだった。現在地へは5年くらい前に移ってきた。靖国通りの一本北側の通りだが、神保町の交差点に近い。この辺りには、ほかにも版画や浮世絵などの刷り物を扱う店が集まっており、東京でもなかなか珍しい場所だ。

 扱っているのは、明治以降の現代版画をメインに、西洋版画、版画が入っている挿画本など。版画堂というその名の通り、版画が中心だが、浮世絵はほとんどない。代わりに最近、油絵、デッサンなどの肉筆ものが充実してきた。また、版画雑誌もそろえている。

 目録は1、3、6、7、9、12月と年に6回発行。1月に発行されるのは、この辺りの版画を扱う店の共同目録で、それ以外は自家目録だ。自家目録は新規入荷商品をメインにした在庫目録で、写真入り。来店する客と目録で買う客の割合は半々だという。

 かわいい作風で知られる、版画家の大野隆司さんとは、樋口さんが山田書店にいたときからのおつき合い。谷中安規の収集家としても知られる大野さんは、山田書店の顧客だったそうだ。大野さんの作品も版画堂で多く取り扱っている。

3,000円の予算でこんな本が買えました!
『ねこ版画 へいきじゃないけどへいきだよ』
大野隆司(著)/主婦の友社/1999年
ほのぼのとした味わいの木版画で描かれたユーモラスなねこと、やさしい眼差しを感じさせるエッセイが詰まった絵本。
 
店舗データ
千代田区神田神保町1-12 雅楽川ビル1階
TEL:03-3219-2027
FAX:03-3219-2026
MAPを見る
営業時間/休日
10:00~18:30/日、祝
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて