BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
ファンタジー(ふぁんたじー)
[サブカルチャー] 写真集、アイドル誌、ポスター、音楽関係
グラビア写真集の宝庫
美少女・熟女ものが一番人気

 グラビア写真集は、流行り廃りの最たるもので、アイドルの旬の時期は花のように短い。人気アイドル、売れ筋路線は数ヵ月ごとに移り変わっていく。それがここファンタジーでは、5年前の神保町での開店以来、常に売れ続けているものがある。それは30歳以上の「熟女」ものと、10代の「美少女」ものだ。

「客層は20~50代と幅広いですが、実は、熟女ファンは20代にも多いんです。今のところ、熟女もので一番売れているのが、1995(平成7)年発売の夏樹陽子の『エキゾチカ』。とにかく人気があって、つい2~3日前も一冊売れたんですよ」
 そう説明してくれたのは、店主の早崎朗さん。それにしても、プレミア入りしている70年代のアグネスラムや、80年代の大場久美子、岡江久美子よりも、ほんの10年前の写真集が売れるとは…。やや意外な顔をしていると、この店では年代でいうと1995年前後の作品がもっとも売れるゾーンだと、さらに詳しく解説してくれた。

「あくまでも僕の勝手な持論ですが、1994~1996年は、写真集の黄金時代。ワインでいう『当たり年』なんです。何がいいのか理詰めでは語れませんが、実際、東てる美、麻倉未稀もうちでは人気商品ですし、浜崎あゆみも1995年に出しましたからね。写真集は2000円から置いていますが、95年前後の作品には、70~80年代と同じプレミア価格……2万円強の値をつけているものもあります。それでも、入ったらすぐに売れちゃう。だから、この時期の作品と、売れ筋の熟女・美少女ものは常に切らさないようにしています」

 店の大半を占めるグラビア写真集以外では、最近のものだと新潮社の『月刊シリーズ』、古くは『明星』や『平凡』のバックナンバーがある。そして、もうひとつ。店の一番奥にはこの店が現在開拓中である、60~80年代の洋楽ロックの書籍がひっそりと並ぶ。
「いやあ、ただ、自分がその頃のロックが好きなので。今後はビートルズ、ストーンズ、クイーンあたりをメインに集めていけたらな、と思っています」

3,000円の予算でこんな本が買えました!
『月刊 平凡 4月号』
平凡出版/昭和50年4月
かの早乙女愛と西城秀樹が表紙。80年代の写真集は早乙女愛抜きでは語れないほどの逸材だった。この表紙撮影の頃は、まだ17歳。
 
店舗データ
千代田区神田神保町1-14 小川図書ビル2階
TEL:03-5217-2676
FAX:03-5217-2676
MAPを見る
営業時間/休日
12:00~20:00(日12:00~19:00)/火
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて