BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
丸沼書店(まるぬましょてん)
[社会科学] 法律、歴史
法律書なら全国有数の品ぞろえ
東洋文庫の在庫も充実

 JR水道橋駅のすぐ近く、白山通り沿いのこの店は、法律に関する古書と新刊テキストを主に扱う。昔からここを頼りにする学生も多く、研究者からの厚い信頼も受けてきた。顧客は法律の実務家よりも、大学の教授や研究者が多いという。

 学術書は民事訴訟、家族法、犯罪学など、細かく分けられている。おすすめは明治から大正にかけて出された梅謙次郎の『民法要義』(有斐閣書房刊)。全5巻のこの本は研究者必読の書。「うちは法律書の品ぞろえは全国トップレベルです」と話すのは、若き店長の茅沼政則さん。
「店頭にあるものは、ほんの一部。本当のおすすめ本は在庫にあることも。とにかくホームページを見て下さい」

 毎日更新しているという丸沼書店のホームページをのぞいてみると、検索・注文の仕方や品目リストなど、丁寧に作られている。本の状態も「美本」「極美本」「一ページ書き込みあり」などと細かく表示されている。「古書 今日の100冊」というコーナーは、最近在庫登録された古書100件のリスト。人気のある本は、仕入れたその日に売れていくことも珍しくないそうだ。

 また、歴史書も多く扱っている。「東洋文庫の多さは神保町一」と茅沼さんが胸を張るだけあり、東洋文庫は書棚1本分そろっている。

3,000円の予算でこんな本が買えました!
『民法講話』(上・下巻)
末弘嚴太郎(著)/岩波書店/ 昭和14年
通俗的見解を常とする末弘氏の本は、これから法律を勉強する学生にも是非読んでもらいたいという。初版は大正15年に発行されてた。
 
店舗データ
千代田区三崎町2-8-12
TEL:03-3261-4540
FAX:03-3261-0118
MAPを見る
メールアドレス
webstore@marunumashoten.com
ホームページ
http://www.marunumashoten.com/
営業時間/休日
9:00~20:00(祝9:30~19:00)/日
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて