BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
山田書店(やまだしょてん)
[趣味・芸術] 写真集、グラビア雑誌
発売間もない辞書類が定価の2割引
グラビア雑誌も破格の安さで提供

 山田書店ビルの1階の店頭のワゴンには、よく人だかりができている。人の列をかき分け、ワゴンの中を覗くと、そこには東京の道路地図や温泉ガイド書などの実用書類がわんさか積み上げられていた。背表紙の発行年を見ると、ここ2~3年に出たものばかり。中には、現在も販売中の地図もあるが、価格はそれぞれ2割引か半額以下という驚異的な安さだ。聞くと、「新しいものは2割引で、旧版は半額以下」とのこと。

 店内に入ると、右側の棚には広辞苑や外国語の辞書がズラリ。こちらは新品だけが特価本として売られている。一万円を超える革表紙の広辞苑が定価の2割引なのは、本当にありがたい。春先になると、大学の教授などから薦められ、学生らが辞書のリストを片手にひっきりなしに訪れるというのも頷ける。

 一方、入って左側を見ると、レジのある店内奥側までアイドル写真集やグラビア雑誌のバックナンバーがギッシリ。1970年代後半生まれの筆者が見たことも聞いたこともないような雑誌がたくさん目に飛び込んでくる。1980年代の『月刊プレイボーイ』が2冊で500円、『週刊プレイボーイ』はなんと3冊で1000円というお買い得価格。他店でプレミアがつきそうなものでも、ここだと一律でこの安さである。「上手くいけば、安い値段で掘り出しものをGETできるかも!? 」と期待に胸を膨らませて、ここにやって来る人は連日絶えないそうだ。

 掘り出し物の対象は、雑誌だけではない。99%が買い取りで、レジ周り一帯の書棚を埋め尽くしているアイドルの写真集もしかり。中でもファンを喜ばせるのは、アイドルのサイン入り写真集。レジ奥には『特選サイン本』コーナーがあり、例えば1981(昭和56)年初版の、森下愛子×篠山紀信のダブルサイン入り写真集といった、超レアものも交じっている。他店で見つからずここにはしごして来た人、最初から掘り出し物を目当てに来る人、たまたま掘り出し物をGETして喜んで買って帰る人…多くの人が満足して店を出るという。

3,000円の予算でこんな本が買えました!
『田中恭吉作品集』
田中恭吉(著)、和歌山県立近代美術館(監修)、三木哲夫(編)/玲風書房/1997年
いわゆる、お買い得な“特価本”の一つ。新品モノ。
 
店舗データ
千代田区神田神保町1-8
TEL:03-3295-0251
FAX:03-3295-0251
MAPを見る
営業時間/休日
10:30~18:00/日
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて