BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
山田書店 美術部(やまだしょてん びじゅつぶ)
[美術・版画] 版画、書画、美術書
近現代の書籍に関連した
版画作品と、その背景本が充実

 山田書店美術部は山田書店ビルの2階にあるが、逸品に出会う楽しみは1階から階段で上るところより始まる。階段脇のショーケースには、草間彌生の現代アート、谷崎潤一郎の自筆題箋つき『細雪』や、木版で作られた百人一首かるたなど、目を見張る珍品ぞろいなのだ。さぞや2階にはもっと珍しいものがあるのだろう、と胸を躍らせながら階段を上りきると、やはり、竹久夢二の画集を筆頭に、珍しい作品が整然と並んでいる。扱う商品は主に2種類。近現代の稀有な版画作品と、版画にまつわる書籍類だ。

「当店は本屋ですから、本と密接に関係する版画家の作品を中心にそろえています」と店主の山田靖さん。そういわれてみれば、確かに、関野凖一郎、恩地孝四郎、谷中安規の作品が多い。また、挿絵の秀逸さで知られる駒井哲郎や、木村荘八、吉田博などの作品のほか、広重などの江戸時代の版画まで見られる。その他、田中恭吉や藤牧義夫など、枚挙に暇がないほど、美術マニアが喜ぶ珍品がそろっている。そして、それらの版画作品や作家の背景に迫った書籍や、1974(昭和49)年発行分からの『版画芸術』のバックナンバーなども豊富にそろえているので、作品のバックボーンの知識を深めたい人には、二重の喜びが得られる。

 このほか、店頭に出し切れない作品も無数にのぼるため、目録が用意されているのも嬉しい。「でも、作品のすべてを店内で見られたら、どんなにいいだろうか…」。そう思っていたら、こんな吉報が…。
「2005年10月に2階の売り場を完全リニューアルして、2階は絵画と、若干の挿絵本を置き、絵画関係の書籍は4階に移動させます。うちではインターネット販売や通販もしていますが、なるべく一人でも多くのお客様に足を運んでいただけるよう、居心地のよい店作りをめざしていきます」

3,000円の予算でこんな本が買えました!
広重 名門江戸百景 神田紺屋町
広重(筆)
木版は美人画、武者絵、相撲、芳年、東京名所、江戸名所、諸国名所など多彩に揃う。写真の木版はもちろんオリジナル。
 
店舗データ
千代田区神田神保町1-8 山田ビル2階
TEL:03-3295-0252
FAX:03-3295-0061
MAPを見る
ホームページ
http://www.yamada-shoten.com/
営業時間/休日
10:00~18:30/日、祝
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて