BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
友愛書房(ゆうあいしょぼう)
[思想・宗教] キリスト教
キリスト教専門書店として
古書から新書まで随一の品ぞろえ

 日本の社会運動の草分け的存在であり、平和運動家としても知られる賀川豊彦。この店の始まりは、創業者がその賀川と活動をともにしたことがきっかけだ。「友愛書房」の名も賀川氏が命名したもの。キリスト教専門書店として、神保町随一の品ぞろえで知られ、天井まで伸びる高い書棚やフロアには聖書、辞典、聖書研究書、キリスト教史、全集などがジャンル別に整理されている。

 日本でキリスト教書籍の翻訳が始まったのは明治初期だが、この店には現在入手できる最古の『新約聖書ヨハネ伝』(明治5年)をはじめ、『新約聖書』(明治15年)『旧約聖書』(全30冊、明治18年)など貴重な書も数多くある。20世紀の神学に大きな足跡を残したカール・バルトの著作集や研究書なども充実。ほかには、青山学院、同志社、フェリス女学院など、キリスト教関連の学校史、熱心な信者として知られた遠藤周作、犬養道子、三浦綾子などの著作、数は少ないものの、子ども向けの本や教会の写真集などもある。古書のほか新刊書も扱っている。

 仕入れの大半は買い取り本で、「普段はダンボールの山ばかりで足の踏み場もないほど」と店主の萱沼元さんは笑う。退職された牧師さんたちから送られてくるものが多いそうだ。一方、中心の客層は牧師、神学生、教師。「難しいものが読まれなくなって、ハウツー的な本を求める人が多くなった」と萱沼さんは話す。正面奥の壁には、店の守り神のように、1573年頃発行された『イエナ版 ルター全集』(全12冊)が鎮座する。「店をたたむときには博物館へ贈呈したい」と萱沼さん。革の背表紙の重みは、物言わずして、キリスト教の長大な歴史を伝えている。

3,000円の予算でこんな本が買えました!
『霊南坂教会 ~児島昭雄写真集~』
児島昭雄(著)/教文館/1984年
教会建築の写真家としても知られる児島昭雄の作品。ゴシック建築の毅然とした美しさが伝わってくる。
 
店舗データ
千代田区神田神保町1-44
TEL:03-3291-6327
FAX:03-3296-0405
MAPを見る
メールアドレス
yuaishobou@tcn-catv.ne.jp
ホームページ
http://yuai.jimbou.net/
営業時間/休日
10:00~18:00/日、第1月曜とその翌日
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて