BOOK TOWN じんぼう 「本の街」神田神保町オフィシャルサイト
愛書館 中川書房(あいしょかん なかがわしょぼう)
[古書全般] 和本、浮世絵、唐本、版画、全集、歴史、宗教、思想・哲学、美術、建築、写真、岩波文庫、講談社学術文庫、ちくま文庫など専門古書全般
店主・店長が毎日出張買取
客から直接仕入れた多種多様な本が陳列されている

 神保町交差点から靖国通りを九段下の方向へ進み、南海堂書店の角を左に曲がると見えてくるのが愛書館中川書房だ。

 店主が話すお店の売りは「いつ何が入荷するか分からない」こと。古書店というとお店には店主がいることが多いが、愛書館中川書房では店主・店長はほぼ毎日出張買取の依頼で外に出ており、買取先のお客さんから直接仕入れたもので書棚が構成される。

 店に入ると入口の真正面にあたるレジカウンター後ろの棚には江戸時代に刊行された和本などの古典籍が積まれ、江戸時代や明治時代初期の浮世絵師の錦絵や江戸時代に描かれた肉筆の絵巻物、戦前の木版画などはすぐそばのガラスケースに陳列されている。
 そこに至るまでの書棚には歴史・宗教・思想哲学・建築ほか学術専門書や美術・書道・文学といった趣味に関する単行本や大判本、岩波文庫・講談社学術文庫・ちくま学芸文庫といった学術系文庫が陳列されており、その分野は様々だ。
 書棚の上には天井近くの高さまで美術・建築・歴史・文学・思想などに関する全集が積まれているほか、棚から溢れた学術文庫のシリーズものが店内のいたるところに置いてある。なお、基本的には全巻揃った状態で販売しているとのことで、お客さんから買い取った時点で不揃いのものは、別のお客さんからの買取りで揃うまで待つこともあるという。

 そして店の前には300円や500円といった均一価格の単行本や大判本のほか、仕入れ状況によっては新書や全集なども並ぶ。「本は出せるだけ出す」を信条としているため、少しでもスペースが空いたら随時補充される。こちらも掘り出し物に出会えると評判だ。

 店主は「書棚を見て『独特の集め方ですね』と仰られるお客様もいます。ただ、買い取った本を全て並べることは難しく、お店に置けないものは調布市にある配送センターに保管してインターネット上で販売しています。今では配送センターの方が圧倒的に商品の量は多いです。配送センターの在庫もお調べできますので、探求書があるときはスタッフまでお声がけください」と語る。

 
店舗データ
東京都千代田区神田神保町2-3-11
TEL:03-6272-8998
FAX:03-6272-9006
メールアドレス
aisyokan-kanda8998@ck9.so-net.ne.jp
ホームページ
https://www.koshokaitori.com
営業時間/休日
10:00~18:30/不定休
Copyright(C) 2005 Association Press. All Rights Reserved.  協力:神田古書店連盟 神保町へのアクセス方法このサイトについて